2021-05-10

【ギーター】第3章09番目の詩⑥

2021/05/10

यज्ञार्थात्कर्मणोऽन्यत्र लोकोऽयं कर्मबन्धनः ।

तदर्थं कर्म कौन्तेय मुक्तसङ्गः समाचर ॥३.९॥

yajñārthātkarmaṇo’nyatra loko’yaṃ karmabandhanaḥ |

tadarthaṃ karma kaunteya muktasaṅgaḥ samācara ||3.9||

ヤッニャ目的の行い以外、その人はカルマによって束縛されます

カウンテーヤ、執着から離れ、その目的で行いをしなさい[9]

個人の私がカルマ、つまりヤッニャを祈りという形で行う時、イーシュワラをデーヴァターの形で呼び起こす(個人が目の病気を太陽神に祈るなど)か、イーシュワラとして直接呼び起こす(全体イーシュワラを祈る儀式)かです。

イーシュワラと個人の間には直接的な関係があります。

どちらも、そこには献身者[バクタ]がいて、カルマを行う人[ヤジャマーナ]がいます。

カルマを自分ですることもできるし、儀式を執り行う司祭に頼む場合は、カルマを代理として行ってもらうこともできます。

その結果は、ヤジャマーナに返ってきます。



デーヴァターや、イーシュワラに直接に祈るカルマ(前半のヴェーダの儀式)は、直接のヤッニャで、イーシュワラの理解を持ってなされた他の全てのカルマは、間接のヤッニャです。

そして、直接的、間接的のヤッニャも、イーシュワラのために行うので、イーシュワラもヤッニャと呼ばれます。

関連記事